離婚原因はハッキリさせておくべき

日本でも離婚する夫婦が増えています

日本では離婚はポピュラーになってきています。
最近ではバツイチ同士での婚活も全く珍しくなくなりました。
しかしそれでも離婚は簡単なものではありません。
慰謝料だ親権だと揉めて年単位で泥沼になることもあります。
しかし、そこまで揉めなくてもものすごいエネルギーを使うと言われています。

離婚原因は夫婦生活を続けられなくなった性格の不一致

そもそも離婚原因の多くは性格の不一致です。
この他だと不倫やDVなどがあります。
不倫やDVは証拠がある程度揃っていれば、離婚することはそう難しくはありません。
法律で婚姻関係を続けるのが困難になるものとして認められているからです。
ですから不倫やDVをしたほうが離婚したくないと主張しても、やってしまったことの証拠があるのならその主張が裁判で認められることはまずありません。
しかし性格が合う合わないは本人にしかわからないことで、第三者が口を挟みにくいものです。
そのためこれを原因として離婚するとなるとかなり大変なことになります。

離婚原因はハッキリさせておくべき

離婚するかしないかで争うにしても調停や裁判は長いものになります。
年単位で別居するなど、夫婦関係がすでに破綻していると他人に分かるようにしなければならないからです。
また夫も妻も離婚に同意していても財産分与などで揉めることが多く、子供がいれば親権や養育費でもまた話し合うことが山のようにあるからです。
そして出来る限り離婚原因はハッキリさせておくことをおすすめします。
誰のどんな行動に非があって離婚になったのかをハッキリさせるためです。
そうしておかないとその後再婚の話が出たり、子供が結婚することになったりした時に不利になることがあるからです。
離婚は増えているとはいえ褒められたことではありません。
そのため原因がハッキリしていないとやましいことがあるのではと思われることがあるからです。