家庭裁判所で行われる離婚調停について

家庭裁判所が離婚の争いを調停してくれます

夫婦間の問題を当事者だけで解決することができない場合は、家庭裁判所の調停を利用することができます。
家庭裁判所の調停と聞くと夫婦関係調整調停を連想する人が多いです。
しかし、それ以外にも、婚姻費用の分担請求調停や財産分与請求調停、慰謝料請求調停、親権者変更調停などがあります。
また、夫婦関係調整調停にも、離婚をするために行う調停と、壊れかけている夫婦関係を円満なものに戻すために行う調停の2種類があります。

争点が明確になり、国としての法律上の判断もわかります

 現実的なことを考えると、離婚するために行う調停、すなわち離婚調停を申し立てる人の数が一番多くなっています。
また、この離婚調停の中で、子供の親権の問題や慰謝料や財産分与などの金銭的な問題を話し合うようになるケースが多いです。

国の基準や法律上の考え方が調停員から示されます

 そもそも夫婦として非常に密接な関係にあった2人が、離婚問題を冷静に話し合うというのはとても困難なことです。
しかし、家庭裁判所の調停を利用すれば、調停員を介して話し合うことができるため、合意に達しやすくなります。
調停の場では、基本的に夫婦が直接話し合うことはありませんので、第三者の前で修羅場を演じてしまう心配がありません。
また、相手と顔を合わせたくない事情がある時は、全く顔を合わせずに済むような配慮をしてもらうことが可能です。

離婚調停のメリット

ちなみに、よほど深刻な事情でもない限り、弁護士を頼む必要はありません。
全ての手続きを本人だけですることができますので、余計な費用がかからないというメリットがあります。
 たとえば、夫婦関係が実質的に破綻しきっているのにも関わらず、単なる意地で離婚を頑迷に拒み続けている人がたまにいます。
自分の配偶者がそのような状態に陥っていて、どうしても離婚に応じてもらえずに困っているような場合は、家庭裁判所の離婚調停を利用してみるのが望ましいです。